クレンジングが肌荒れの原因に

クレンジングが肌荒れの原因に

クレンジング剤は、化粧品の中でもっとも肌に負担をかけるものです。

 

なぜ、負担をかけるかというと、メイクアップの油性汚れを水となじませて落とすために乳化剤(界面活性剤)が配合されていますが、肌に必要な潤いまで奪ってしまうからです。

 

若いころは、とりあえず「化粧を落として、寝れればいい」という考えでした。

 

これが、すべての誤りだったかもしれません。

 

強すぎるクレンジング剤を使うことが肌荒れやシミ、敏感肌などの肌トラブルの原因になっていることもあります。

 

かといって洗顔だけでいいかと言うと、そうではありません。

 

メイクアップの成分は洗顔だけで全て落とすのは難しいので、やはりメイクをした日は、クレンジングが必要です。

 

なるべく肌への負担が少ないクレンジング剤を選び、肌をいたわる工夫をしましょう。

 

 

クレンジング剤は慎重に選んで

 

クレンジングだけで汚れを完璧に落とす必要はナシ。

 

6割を落とすつもりで、肌への負担が少ないタイプを選びましょう。

 

肌にかかる負担が少ないモノからご紹介します。

 

クリーム&ジェルタイプ

適度な厚みと硬さがあり、肌をこすらずに洗浄。

界面活性剤の量も少なく肌への負担は軽めです。

 

泡タイプ

水気が多い泡はメイクアップとのなじみが悪いモノ。

それを補うため界面活性剤が多く配合されているものも。

 

オイルタイプ

楽に落とせて手軽ですが、洗浄力が強すぎて肌を傷めるものも。

肌をこすりやすい点もNG。

 

ふきとりタイプ

ふきとる刺激で肌を傷めます。

使い続けるとシミや赤ら顔を招くため、なるべく使用を避けて。

関連記事

  1. クレンジングの方法 正しい手順とは?

トラックバックURL

http://xn--oqq04e4sz5ci18djgq.net/cleansing/1.html/trackback

1件のコメント »
  • これはコメントです。
    コメントを削除するには、ログインして投稿編集画面でコメントを表示してください。編集または削除するオプションが用意されています。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です