クリームは部分的に使うのが賢い方法

低刺激化粧品~敏感肌のあなたへおすすめ基礎化粧品~ > クリーム > クリームは部分的に使うのが賢い方法

クリームは部分的に使うのが賢い方法

乳液と同様、クリームの目的は油分を与えることです。

 

しつこいかもしれませんが、表面に油膜を張るだけで、やはりセラミドのように水分を抱え込んで肌をうるおすという働きはありません。

 

いくら顔全体にクリームをべったり塗っても、セラミドが足りなければ肌のうるおいは保たれず、油分の隙間から水分が蒸発してしまいます。

 

さらに、とくに30代までは肌から分泌される皮脂量が十分にあるため、与え過ぎはニキビなどの肌トラブルのもとです。

 

ただ、乾燥がひどい所に、部分的にクリームを用いるのは効果的です。

 

とくに口元や目元は年齢に関わらず皮脂腺が少ない部分なんです。

 

乾燥が気になったら、部分的に塗って足りない油分を補いましょう。

 

 

クリームの選び方と付け方

油分の多いクリームは、顔全体には使わないように。

使うなら目元や口元にだけ、クリームらしいコクのあるものを。

 

コクのあるものを選んで

ジェル状の軽いモノもありますが、それだと美容液との違いがあまりありません。

あえてクリームを使うのであれば、コクのあるものを選びましょう。

 

皮脂の少ない所にだけ付けて

口や目の周りは年齢を問わず皮脂腺が少なく、乾燥しがち。

この部分の乾燥が気になったら薬指でクリームをやさしくなじませます。

こすったり、他の部分に油分を広げたりしないように。


トラックバックURL

http://xn--oqq04e4sz5ci18djgq.net/cream/45.html/trackback


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です