「セラミド」入り美容液で保湿を

「セラミド」入り美容液で保湿を

洗顔後の肌や、乾燥した肌には保湿が必要です。

 

よく保湿目的で化粧水をつけている方もおられますが、これはNGです。

 

管理人もそのうちの一人でした。

 

保湿効果があまり望めない化粧水の代わりに、保湿の決め手となるのが「セラミド入りの美容液」です。

 

セラミドは、肌表面の角質細胞の間に含まれる脂質ですが、肌内部の水と融合して水分の蒸発を阻止する性質があるため、肌の潤いを維持するために欠かせません。

 

極端ではありますが、例えば湿度0%の環境に置かれても、セラミドが十分にある健康な肌なら、カラカラに乾いてしまうことはないのです。

 

冬であってもセラミドがある肌なら安心というこです。

 

しかし、落とし穴があり、セラミドは加齢とともに減ってしまうんです。

 

減ったセラミドをどのように補えばいいのか?

 

そこでセラミドを美容液で補充することが、うるおいのある健康な肌をつくるために、もっとも手軽で有効な方法なのです。

 

最強の保湿力を持つセラミド入りの美容液が、保湿の新常識。

 

選ぶときのポイントも、きちんとおさえておきましょう。

 

高い保湿力を持つセラミド

 

肌表面の角質層に、もともと細胞と細胞の隙間を埋めるように存在しているのがセラミド。

 

セラミドと融合した水分は、マイナス20℃でも凍らず、湿度0%でも蒸発しません。

 

美容液の選び方は?

 

セラミド含有の美容液が1本あれば、普段の保湿は十分。

 

ただし、セラミドとうたっていても、まがい物も多く出ているので注意が必要。

 

「セラミド」「セラミド2」などと後ろに番号が入っているもので、価格的には3000円以上のものを選びましょう。

 

セラミドより保湿力は落ちますが、ヒアルロン酸やコラーゲンなどが入った美容液も保湿に有効です。

関連記事

  1. 目的別に美容液を賢く併用 美容液の正しい付け方

トラックバックURL

http://xn--oqq04e4sz5ci18djgq.net/essence/34.html/trackback


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です