乾いた肌は化粧水ではうるおわない

乾いた肌は化粧水ではうるおわない

化粧水はたっぷりつければつけるほど、肌が潤うものだ!と思ってはいませんか?

 

管理人はそう思っていました。

 

でも残念ながら、化粧水の水分はほとんど肌に入らないそうです。

 

理由は、肌表面にある角質細胞の間は皮脂で埋め尽くされており、水をはじくようにできているからです。

 

なるほどと妙に納得してしまいました。

 

入浴中にお風呂の湯が肌にぐんぐん浸透しないことを考えてみると、分かりやすいかもしれません。

 

浸透しているなら恐ろしい体重に今頃なっていますね。

 

肌の潤いを保っているのは、角質にあるセラミドなどの保湿成分です。

 

保湿成分がすくないかわいた肌にいくら水分を与えても、“保水力”が乏しければ、時間とともに水分が蒸発してしまうだけです。

 

化粧水は、保湿のためにはあまり効果を期待できないのです。

 

化粧水なんていらない!と思われたかもしれませんね。

 

実は、化粧水は保湿以外の目的で使用します。

 

乾いた肌をうるおすのは、水分ではなくセラミドなどの保湿成分と先ほどいいましたが、化粧水は必ずしもスキンケアに必要なものではありません。

 

角質層の保湿成分が減っている肌に化粧水を重ね付けしても、表面をぬらしただけのような状態になってしまいます。

 

時間が経つと水分は蒸発するうえ、蒸発する際に肌の水分も奪われるのでさらに肌が乾燥し、逆効果です。

 

ですので、化粧水の重ねつけは逆効果です。

 

化粧水に保湿力は期待できませんが、最近登場している水溶性の美容成分を含むものなら美肌効果は望めます。

 

とくにビタミンC誘導体は化粧水に配合することで安定性が高まるので、化粧水タイプがおすすめ。

 

関連記事

  1. コットンバッティングは乾燥やシミのもと化粧水の正しいつけ方とは?

トラックバックURL

http://xn--oqq04e4sz5ci18djgq.net/facetoilet/27.html/trackback


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です