美容液に近い新タイプの乳液を選ぼう

低刺激化粧品~敏感肌のあなたへおすすめ基礎化粧品~ > 乳液 > 美容液に近い新タイプの乳液を選ぼう

美容液に近い新タイプの乳液を選ぼう

サラッとした付け心地の良さからか、乳液の人気は根強いようです。

 

管理人も乳液が好きです。

 

洗顔後には化粧水をたっぷりつけ、さらに乳液とクリームを塗って“フタをする”というイメージで使用していませんか?

 

実は、一昔前までのスキンケアの常識で古典的な理論なのです。

 

肌表面に油膜を作っても、肌内部の水分が守られるわけではありません。

 

皮膚科学の進歩により、肌の潤いは角質層に存在する、セラミドによって守られていることが解明されてきました。

 

乳液を使いたい場合は、最近新たに登場してきた、セラミドなどの保湿美容液が配合されたものをしようしましょう。

 

油分の与え過ぎは肌によくないので、新タイプの乳液の中でも油分が控えめのものを選ぶことをおすすめします。

 

 

乳液の選び方と付け方

最近では乳液の代わりに、部溶液を使う方が主流。

乳液を使いたいという時は、以下のポイントに注意しましょう。

 

保湿成分入りの美容液タイプを

乳液の「油分でフタ」という常識はもはや時代遅れ。

油分はあまり多く含まず、代わりにセラミドなどの肌の潤いをつくる成分が配合された、美容液に近い新タイプを使うようにしましょう。

 

皮脂の多いTゾーンは付け過ぎを避けて

塗るときは指の腹を使ってやさしく顔の内側から外側へ、下から上へ。

油分の与え過ぎは肌にとってマイナスになるため、とくに皮脂の多いTゾーンには、付け過ぎないように注意して。


トラックバックURL

http://xn--oqq04e4sz5ci18djgq.net/milkylotion/43.html/trackback


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です