日焼け止めはノンケミカルの化粧下地用ではないものを

低刺激化粧品~敏感肌のあなたへおすすめ基礎化粧品~ > 日焼け止め > 日焼け止めはノンケミカルの化粧下地用ではないものを

日焼け止めはノンケミカルの化粧下地用ではないものを

シミやシワなどの肌老化を防ぐために、欠かせないのが日焼け止めです。

 

紫外線は女性の的です。

 

さまざまな種類が出回っているので、選ぶポイントを押さえておきましょう。

 

日焼け止めに含まれる紫外線吸収剤という科学物質が、肌の刺激となることもあるため、まずは「ノンケミカル」「紫外線吸収剤不使用」などと表示されているものを選ぶことが大切。

 

化粧下地にもなる日焼け止めは、仕上がりの透明感を重視するため、紫外線吸収剤を含むものが多いようです。

 

また、ウォータープルーフのモノは、クレンジングで落ちにくいので、普段使いにはあまりおすすめできません。

 

海やプールなどのレジャーの時にはおすすめです。

 

ミストタイプやローションタイプより、クリームタイプや乳液タイプの方が、比較的肌にやさしいようです。

 

 

SPFとPAのことを知ろう

日常使いなら「SPF20、PA++」くらいのものを。

海や山へ行く時は「SPF50、PA+++」のものを使いましょう。

 

SPFとは?

表皮に影響を与える紫外線B波(UVB)をカットする力のこと。

野外で日光浴をすると約20分で肌が赤くなるところを、SPF15の日焼け止めを塗ると、20分×15倍で約5時間は肌が赤くなるのを防げます。

 

PAとは?

真皮層まで到達してシミやシワをつくる原因となる紫外線A波(UVA)をカットする力を表す日本独自の数値。

+から+++の3段階で表示されます。

 

ほお骨部分には重ね塗りを

塗る量が少ないと、表示されているSPF値やPA値の効果が充分に得られません。

全体に伸ばした後、とくにシミができやすいほお骨部分には重ね塗りを


トラックバックURL

http://xn--oqq04e4sz5ci18djgq.net/sunscreen/47.html/trackback


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です