落とすべきものは落としてタイプ別洗顔料

低刺激化粧品~敏感肌のあなたへおすすめ基礎化粧品~ > 洗顔 > 落とすべきものは落としてタイプ別洗顔料

落とすべきものは落としてタイプ別洗顔料

クレンジングがメイクを落とすものであるのに対して、洗顔の役割は肌表面にある脂汚れを落とすこと。

 

洗顔は「洗いすぎ」や「擦りすぎはいけない」なんて聞いたことがあると思います。

 

もちろん落とし過ぎは肌によって良くないのですが、脂汚れが肌に残ったままの状態も問題です。

 

「どないやねん!」という突っ込みが入りそうですね(笑)

 

古い脂汚れが肌に残っていると、時間とともに参加してシミやしわなどの肌老化を招いてしまうほか、ニキビや肌荒れなどの原因にもなってしまうのです。

 

「洗い過ぎは悪い」というイメージばかりが先行して、最近は洗い方が足りない人が増えているようですが、落とすものはきちんと落とすことが大切ですよ。

 

そのため、洗顔料は、脂汚れをしっかり落とすことを目的に選びましょう。

 

洗い上がりの肌を触るとキュキュッと言うくらいが理想です。

 

洗浄以外の目的で配合された成分は、洗い流されてしまうので必要ありません。

 

固形せっけん

洗顔料としては一番おすすめ。余分な成分を含まず、しっかり汚れを落とせます。昔ながらの白い浴用せっけんでは洗浄力が強すぎる場合、と汚名の洗顔用石鹸を試して。

 

泡タイプ

一般的に、洗浄力が弱めのモノが多いです。また、美白や保湿などプラスアルファの成分入りのモノもありますが、すすぐと流れ落ちるのでほとんど意味なし。

 

しっとりタイプ

保湿のために油分を含むものが多く、肌の表面に油膜を残します。洗い上がりはしっとりしますが、そのあとにつけるスキンケア成分の浸透が悪くなるのでなるべく避けましょう。

関連記事

  1. 朝晩2回のせっけん洗顔を洗顔の正しい手順

トラックバックURL

http://xn--oqq04e4sz5ci18djgq.net/washing/18.html/trackback


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です