朝晩2回のせっけん洗顔を洗顔の正しい手順

低刺激化粧品~敏感肌のあなたへおすすめ基礎化粧品~ > 洗顔 > 朝晩2回のせっけん洗顔を洗顔の正しい手順

朝晩2回のせっけん洗顔を洗顔の正しい手順

朝は水ですすぐだけで済ませ、洗顔料を使うのは夜の1回だけにしていないでしょうか?

 

その気持ちよくわかります。

 

だって「めんどくさい」ですもんね。

 

また、洗顔料を使って洗いすぎると、乾燥肌になりそうな気がしませんか?

 

ですが、肌に残った古い脂汚れは参加して肌老化の原因になります。

 

寝ている間にも皮脂は分泌されているので、アトピー性皮膚炎などの極度の乾燥肌でない限り、朝もせっけん洗顔をしたほうがいいでしょう。

 

でも1日に2回も洗顔をすると、肌が乾燥するのではないかと心配する人もいるかもしれません。

 

ですが、肌の潤いを保っているのは、皮脂ではなく角質層に含まれる保湿成分。

 

皮脂をしっかり落としても、保湿成分が十分あれば肌の潤いは保たれます。

 

乾燥が気になるなら、洗顔後のスキンケアでセラミドなどの保湿成分を補うケアをすれば安心です。

 

皮脂があまり出ない冬場や、もともと皮脂が少ない人は、朝は洗浄力が弱めのせっけんを使うなどして調整しましょう。

 

 

洗顔の正しい手順

 

ゴシゴシこするのはシミの原因となるので禁物です。

 

たっぷりの泡を肌に転がすようにして、皮脂をスッキリ落としましょう。

 

STEP1

あらかじめ顔全体をぬるま湯で軽く濡らします。

 

STEP2

せっけんを泡立てます。濡らした顔が乾燥してしまうので、泡立てネットなどで素早く。

 

STEP3

Tゾーンから泡をのせて、Uゾーン、目と口の周りへとなじませていきます。決してこすらず、泡に汚れをなじませるように。

 

STEP4

ぬるま湯で丁寧にすすぎ、タオルで肌を軽く押さえるようにして、水分を吸い取ります。

関連記事

  1. 落とすべきものは落としてタイプ別洗顔料

トラックバックURL

http://xn--oqq04e4sz5ci18djgq.net/washing/20.html/trackback


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です